トップページに戻る技術科

トップページ > 教科・科目 > 技術科     専門研修一覧  研修講座(   教材リンク

平成20年度研修講座案内  平成19年度   平成18年度   

中学校

B711 中学校技術・家庭科(ものづくり)研修講座−授業で役立つ教具づくり(自然エネルギーを利用した教材製作)−

目的 ものづくりを中心とした授業の中で役立つ教具の製作を通して、手工具および工作機械の基礎的な技能の習得と、材料加工やエネルギー変換についての指導力の向上を図ります。 
日時 平成20年8月4日(月)、8月5日(火) 9:30〜16:00
対象 中、教員
内容 1 エネルギー変換について(講義)
2 自然エネルギーを利用した教材製作(実習)
※ 初任者研修教科領域等研修を兼ねています
講師 埼玉大学教育学部  教授   山本 利一
技術教育、情報教育に活用する教材の開発と指導方法の研究をされております。エネルギー変換を利用した教具製作、および授業での生かし方を御指導いただきます。

上へ

B712 中学校技術・家庭科(情報技術)研修講座 −授業で役立つプログラミング−

目的 Excel VBAを利用したプログラミングに関する実習を通して、プログラミングに関する技能と指導力の向上を図ります。 
日時 平成20年6月26日(木)、 9:30〜16:00
対象 中、教員
内容 1 プログラミングの学習の現状と課題(講義)
2 Visual Basic for Applications(VBA)の使い方(講義・演習)
 ※ 使用ソフト:Excel2007

上へ

B713 中学校技術・家庭科(選択技術)研修講座 −校内ロボコン競技場の製作−

目的 校内ロボットコンテスト用競技場の製作を通して、選択技術の授業などで行われている校内ロボットコンテストの在り方について研修を行い、材料加工技能の習得と指導力の向上を図ります。   
日時 平成20年7月30日(水)、7月31日(木) 9:30〜16:00
対象 中、教員
内容 1 選択授業における内容の取扱い(講義)
2 校内ロボコン運営の実際(講義・演習)
3 校内ロボコン用競技場の製作(実習)
※原則として2日間とも受講してください。
※各自木工用具、作業服、ズック等を準備してください。

上へ

B714 中学校技術・家庭科(免外技術)研修講座 −「技術とものづくり」と「情報とコンピュータ」についての実習−

目的 技術分野の基礎的な内容に関する講義や実習を通して、免許外教科担任教員が円滑な授業の運営が行えるようにするとともに、加工技能の習得と指導力の向上を図ります。 
日時 平成20年5月15日(木)、5月23日(金) 9:30〜16:00
対象 中、教員
内容  1 学習指導要領における指導のポイント(講義)
2 「技術とものづくり」内容に関する実習(実習)
3 「情報とコンピュータ」内容に関する実習(実習)
 
※この講座は1日だけでも申し込むことができます。1日だけ申込む場合は、日付を指定して申し込んでください。日付指定がない場合は2日間の申込みとなります。
※木工用具、各自作業服、ズック等を準備してください。

上へ

高等学校

B731 高等学校産業教育研修講座−C言語を使ったマイコン開発−

目的 PIC(マイクロコントローラ)を使用して教育用教材を開発し、これからの産業教育における指導力の向上を図ります。    
日時 平成20年8月27日(水)、8月28日(木) 9:30〜16:00
対象 高(中)、教員
内容 1 PIC(マイクロコントローラ)の概要とその機能(講義)
2 PICを使った電子回路の作成(実習)
3 C言語を使った教育用教材の開発(実習)
※ 初任者研修を兼ねています。
講師 (株)マルツ電波 技術顧問 結田 英敏
結田先生は、電子機器関係の技術開発を担当していて、電子技術関係の雑誌にも専門的な分野で寄稿しています。先生の豊富な知識により、基礎から教育用教材の開発まで指導していただきます。
(株)マルツ電波 パーツ販売支援室長   山脇 文彦
 
山脇先生は、電子部品関係の専門家です。電子回路に使われる部品について、知識から教育用教材の開発まで指導していただきます。

上へ